希望の求人で採用されるコツ

就職活動の看護師の求人において、無事に採用されるコツとしてまず重要なのは履歴書の書き方や面接の受け方である。最近は履歴書審査に通らなければ面接を受けることができないケースも多いため、しっかり履歴書作成をしなければならない。そして履歴書でも面接でも、志望動機は重要である。やる気を感じさせる志望動機を考えたいものだ。基礎的なことであるが、看護師として人1倍面接時の身だしなみやマナーも意識したい。体調が悪い時に清潔感がない看護師の服装を見たら、なおのこと体調を崩しかねない。安心感を与える事も一つの看護師としての仕事なのだから、普段から清潔感には気を配り、面接が通ったあともしっかりとした服装を維持して行かなければならない。

次に、自分に合った職場、病院選びをすることも大切だ。焦ってどこでも受かれば良いと考えて就職活動をしても、うまくいかないことが多い。仕事内容や就業時間、夜勤ばかりに偏っていないか、体力的にもついていける仕事なのかも確認しておこう。自分の性格や才能を把握して、それらがうまく活かせそうな職場を選ぶようにする。採用側も、求める人材にふさわしいかどうかを面接などで判断しようとする。自分に向いていて、スキルもあり自信がある仕事であれば、その自信が採用側にも伝わり良い評価を得ることができるだろう。

もうひとつ、採用されるコツとして、資格やスキルなどをしっかりアピールすることも忘れてはならない。持っている資格はすべて、履歴書に書くようにしよう。学生時代の研修や、以前いた職場でのセミナーや教育研修の経験なども書いておくと良い。