面接で採用されるコツ

看護師の求人に応募するからには、採用されたいのは当然だろう。では、採用されるためのコツはあるのだろうか。ここでは、求人に採用されるためにどのような点に注意すべきか、具体例を交えて説明する。

まず、求人に応募する際の履歴書が重要だ。この履歴書を通して、採用担当者は応募者の人となりを予測できるからだ。今ではパソコンで入力することが多くなったが、手書きで提出する場合は、文字の大きさや間隔などのバランスに気をつけると良いだろう。また、簡潔で読みやすく、必要な情報が過不足なく書かれていることが重要だ。ここですでに情報処理能力や、相手に必要な情報を伝える伝達能力が試されているのだ。一文を短くする、箇条書きにするなど、相手が読みやすい文章を心がけ、あまり多くの情報を盛り込まないようにしよう。

次に、面接時のコツだが、第一印象は重要である。姿勢や声のトーンに気をつけるだけでなく、笑顔も忘れてはならない。最初の挨拶は肝心だと言えるだろう。相手と目を合わせて挨拶することが大切だ。さらに印象をアップさせるには、面接官に対するリアクションに気をつけよう。ただ話を聞くだけでなく、相づちを打ったり、傾聴の姿勢を見せることで、「話をしっかり聞いている」「熱意がある」という良い印象を与えられる。面接であっても、相手に自分のことを理解してもらうためのコミュニケーションであることに変わりはない。コミュニケーションを諦めず、相手の目を見て思いを伝えることを忘れてはならない。