看護師の転活は身だしなみは重要

一般的に転職活動をする時には、履歴書や職務経歴書を書くなど必要なことがたくさんある。当然、看護師の転職でも同じことが言えるだろう。転職をする時に重要なことは、求人を出している相手にいかに自分のことをアピールできるか?そして知ってもらうことが出来るかということだ。しかし、自分の仕事に対する熱意や姿勢というのはなかなか相手には伝わるものではない。そこで簡単でかつ説得力のあるアピール方法として、身だしなみを整えるということだ。

身だしなみというのは、相手に良い印象を持ってもらうために自分の身なりを整えることである。持って生まれた顔のパーツなどはかえることはできない。しかし、少しでも清潔感を出すために、髪の毛は短髪で乱れないような形に整える、ひげはしっかりと剃る、爪などに汚れが付着していないように整えておくなどということがポイントだ。これらは普段から自分をいかに清潔に整えているのかということに結びつく。看護師は患者の治療やケアに携わる仕事なのだからそれ以上に清潔でいなければならない。普段からお手入れしていると、不潔な印象を相手に与えることはない。その点で身だしなみを整えることは有利になるのだ。

また、洗濯されて糊のきいたシャツなどを着ている、袖口や襟にシミがない、靴が磨かれているといったことも大きなポイントだ。シャツや靴というのは、普段はあまり着用することのないものかもしれない。それゆえにシワが入ったり汚れている可能性も大いにある。看護師が普段から着る白衣のように、清潔感のあるものを着用していれば、相手に与える印象が良いものになるのだ。何事も第一印象が肝心だからこそ、面接時も看護師としての清潔感のある身だしなみを心がけて前に進んでほしい。